居酒屋で働いてみたい方へ

居酒屋求人

自分に合った居酒屋の求人の探し方

居酒屋求人

立地から客層や雰囲気を想像する

居酒屋にもいろいろなお店がありますが、店構えを見れば、ある程度は客層を想像して雰囲気を判断することができます。

例えば、新橋駅に近いお店なら、「サラリーマンが多そうだな」と大まかな客層が思い浮かぶでしょう。その上で、外観が大衆的な感じなら、「会社帰りに、同僚や上司と賑やかに飲む人が多いお店だろう」と想像することができます。

一方、外観がシックなら、「会社の飲み会のあと、一人で飲み直したい」という人や、会社帰りに恋人と待ち合わせてデートをする人などが使う落ち着いたお店かもしれません。実際に足を運ぶのが難しい場合には、お店のWebサイトで雰囲気をチェックすると参考になるでしょう。たくさんの笑い声が響く元気なお店なら体育会系の接客が好まれるでしょうし、「バー」に近い雰囲気のお店なら控えめな接客がベストです。どちらが自分の性格に合うか、じっくり考えてみましょう。

働いている人の雰囲気を参考にする

自分に合う店かどうかを判断するのに一番いい方法は、実際にお店へ行ってみることです。お客様として接客を受け、料理を食べて、お店の雰囲気を感じましょう。中でも特にチェックしておきたいのが、スタッフ同士の関わり方や年齢層です。ぎすぎすした空気を感じたり、なんとなくイライラして雑な接客をする人が多かったりすれば、人間関係があまりうまくいっていないのかもしれません。

働いている人が年配の人ばかりだったり、逆に若い人ばかりだったりしたときは、「この中に入って、うまくやっていけるかな?」と考えてみましょう。働き出してすぐに「合わないから」と辞めてしまう人の多くが、「人間関係」を理由に挙げるといわれています。事前にできるだけ下調べをしておくことが自分のためであり、お店のためでもあるといえるでしょう。

個人店か、チェーン店か

チェーン店は業務マニュアルが完備されている店も多く、システマチックな傾向にあります。一見客でも入りやすい雰囲気の店が多いため、常連同士の人間関係などに煩わされるような危険は少なめのようです。

個人店は、オーナーの個性によって働きやすさが全く異なります。業務マニュアルがないことも多く、柔軟な対応が求められる傾向にあります。地元密着型で長年の常連が多い店舗では、お客様への対応を間違うと、たちまちお店の悪評が駆け巡ってしまうというリスクも。お客様やオーナーとの人間関係を楽しめるかどうかがカギになるでしょう。

居酒屋で働き始めたばかりや濃密な人間関係が苦手な人は、ひとまずチェーン店から居酒屋の仕事のコツを学ぶのがおすすめです。居酒屋での仕事にある程度慣れてきたら、メニューや店舗運営に個性が光る個人店で働いてみると居酒屋の仕事の新たな魅力を発見できるかもしれません。

居酒屋の仕事に向いているタイプとは?

人と接するのが好き!

居酒屋の仕事の中でもホールスタッフは、じかにお客様に接する仕事です。人と接するのが好きで誰とでも仲良くなれるという人や、人前で堂々と話すことができる人など、コミュニケーション能力に自信のある人が向いています。

しっとりした雰囲気のお店では優雅に、節度を持った接客が求められますが、体育会系のお店では「キビキビ、ハキハキ」が鉄則です。チームワークを乱さず、先輩の指示に従って的確に仕事をこなしていく必要がありますので、スポーツ経験者や体育会出身者には最適でしょう。気配り上手で、かゆい所に手が届くような接客ができると重宝されます。

体力があってタフ

ピーク時はとにかく忙しい、居酒屋の仕事。注文を伺って料理を運び、片付けをして新規のお客様をご案内して、という一連の流れを、ほとんど休みなく繰り返さなければならないこともあります。接客業でありながら、肉体労働でもありますので、体力に自信があることは絶対条件でしょう。肉体的にも精神的にもタフな人に適しています。

 

居酒屋のお仕事が気になる方はこの求人サイトがお薦めです