「アウトドア」をコンセプトにしたカフェ&施設を紹介!

都内でもアウトドアの雰囲気を満喫できる、「アウトドア」をコンセプトにしたカフェや施設があるのはご存知ですか?

普段は忙しくてアウトドアに行きたくても行けない方、これからアウトドアに初挑戦しようと思っている方におすすめしたい、アウトドア欲を高めてくれるお店10店をご紹介します!
水道橋カフェ「BASE CAMP」

東京都千代田区、JR水道橋駅近くにあるアウトドアをコンセプトにしているCAMP HACKで連載しているA-sukeさんが経営するお店です。

キャンプ料理として定番のカレーやコーヒーなどメニューも豊富で、食事のみでもカフェとしての利用でもどちらでも自由。山小屋を意識した内装が都会での食事を一層おいしくしてくれます。

ランチタイムは、じっくり煮込んだ牛すじカレーやパスタなどのメニューが充実。ディナータイムは、自家製の燻製やダッチオーブン料理を提供、自家製ベーコンはおすすめメニューの一つです。アルコールも多数取り揃えているので都会の山小屋でゆっくり過ごせますよ。

高円寺「アウトドアスタイルキッチン松の木食堂」

東京都杉並区、JR高円寺駅北口を降りて徒歩1分の立地にお店があります。キャンプに欠かすことのできないダッチオーブンを使った料理や燻製料理、バーべキュー料理が数多く楽しめるお店。

25名以上揃ったら貸し切りにもできるので結婚式の二次会など貸し切りパーティーにもおすすめ!

松の木食堂はハンモックにのれるアウトドア料理の専門店。店内にはテーブル席、カウンター席のほかにハンモック席が。ハンモックに揺られてのんびりお酒を飲むのもいいですね!

おすすめ料理は天然ナラの木で調理されたBBQスタイルローストチキン。ジューシーで肉質ふっくらの一品です。
昭島「スノーピーク イート(Snow Peak Eat)」

東京都昭島市、JR昭島駅から徒歩10分の立地にあるモリパークアウトドアヴィレッジ内のスノーピーク昭島アウトドアヴィレッジに併設されたレストラン。

都会に居ながらキャンプの楽しさを満喫できるレストランです。ランチタイムからカフェタイムを挟んでディナータイムまで利用可能です。

店内ではスノーピークキャンプ用品を使用したキャンプ料理の数々を楽しむことができます。店外にはイートガーデンが広がっており、ここではピザ焼きなどのイベントを開催。

キャンプ料理作りを手軽に体験できるイベントが定期的に開催されています。
昭島「THE NORTH FACE 昭島アウトドアヴィレッジ店」

東京都昭島市、JR昭島駅から徒歩10分のモリパーク昭島アウトドアヴィレッジ内のザ・ノース・フェイス店内に設置されたカフェスペース。

マウンテンからタウンカジュアルまで豊富に取り揃えられたアウトドアアパレルやアウトドアギアなどの買い物を楽しみながらコーヒーを楽しめます。

カフェの定番メニューは人気ナンバーワンのこのトレイルバー。手軽に栄養分がとれるので行動食としても、おやつとしても食べてみたい一品。ザ・ノース・フェイスのロゴが入っているのも魅力ですよね。あまりの人気に入荷待ちになることもあるので見つけた時が買い時です!
仙台「コールマン・サテライトショップinしろくまコーヒー」

宮城県仙台市、JR仙台駅前の複合商業施設EDENにテナントとして入居するしろくまコーヒー仙台店。コールマンのサテライトショップ併設という特徴があり、店内のファニチャーはコールマン製。

コールマンのチェアに座ってしろくまコーヒーを飲めばつかの間のアウトドア気分を満喫できます。

出典:しろくまコーヒー
キャンプというフィールドをリードするコールマンの世界観と北海道の大自然の中で店舗展開するしろくまコーヒーの世界観がマッチングしたことによってコラボレーションが成立。店内にはコールマンのランタン、テント、バックパック、トートなどの定番商品も販売されています。

熊谷「おふろcafé bivouac(ビバーク)」

埼玉県熊谷市に所在するお風呂、カフェ、食事を楽しむことができる施設。お風呂に入って疲れを癒したあとにはアウトドア気分に浸れるテントやランタン、キャンピングテーブルが用意されたレストラン&カフェ・バーで美味しい料理を楽しむこともできます。

館内に展示されているキャンプ用品はすべてスノーピークブランドで統一されています。アウトドアでの快適な使い心地が追及されたこれらのギアは、おふろカフェビバークでの世界観を適切に表現するのに最適なギアとなっています。

上尾「アウトドアカフェ 山小屋」

埼玉県上尾市に所在する名前のとおり山小屋の雰囲気作りが行き届いたカフェ。店内でのアウトドアグッズの販売や店外での薪割りがアウトドア気分を高めてくれます。

メニューはコーヒー、チーズケーキ、コーヒーゼリーなど、雰囲気の良さでついつい長居してしまうかも!

オーナーご自慢の自家焙煎コーヒーは、味わい深いさまざまなカップで飲んでのんびり過ごすことができます。

また、独自に仕入れた益子焼のカップも販売されているのでお気に入りも見つけることができるかも知れません。パンのついたメニューを注文した方限定で、手作りバター体験が楽しめるという特典もあり。

秋田「BUNGALOW(バンガロー)」

View this post on Instagram

おはようございます! 一気に雪景色に戻りました。 店内は薪ストーブでホッコリです! 本日は鹿児島産の安納芋を使ったケーキを焼きました! 雪道ですのでお気をつけてどうぞ! cafe BUNGALOW 仙北郡美郷町飯詰字南中島57 美郷総合体育館リリオスより横手方面に約300m 営業時間10:00~17:00 定休日 火 水曜日 #cafe_bungalow #秋田県 #美郷町 #カフェ #cafe #秋田のカフェ #リノベーションカフェ #リノベーション #セルフリノベーション #diy #アウトドア #outdoor #アイランド工務店 #秋田カフェ #薪ストーブ #ランタン #アウトドアギア

A post shared by cafe_bungalow (@cafe_bungalow) on

秋田県美郷町に住むアウトドア好きの夫婦が自宅横の木造平屋を譲り受け改装してオープンさせたカフェ。

内装・インテリアは趣味のアウトドアグッズで統一。薪ストーブもあり寒い冬でも暖かく地域住民が憩うくつろぎの場所になっています。

提供されるメニューはコーヒー、自家製レモネードのほか、文旦やいちごなどの季節の素材を利用したデザートも豊富です。

デザートは数量限定での販売なのでお目当てのデザートは早めにお店にうかがっておくことをおすすめします。

カレーショップ「野菜を食べるカレーcamp」

東京都渋谷区代々木の路地裏がルーツとなるカレー店。現在は、代々木本店のほか全国各地に20店舗以上を展開しています。

キャンプで仲間と一緒に作った野菜たっぷりのカレーの思い出が店名に反映されており、やさしくて力強いカレーを食べさせてくれるカレー店です。

出典:野菜を食べるカレーcamp Facebook
カレーはスキレットで提供され、コップも水の入っているボトルもアウトドア用で統一されています。店員さんの制服も今すぐキャンプができそうなアウトドアファッションで統一され、細々としたものから内装のいたるところにアウトドアを感じることのできるお店です。

もちろんカレーは絶品!挑戦的なメニューも豊富なので是非一度チェックしてみてください。
アウトドアコンセプトのカフェをステップにしてキャンプに出かけよう!

これからキャンプをはじめようと考えてる方やなかなか出かけられないという方には、今回ご紹介したカフェや施設でアウトドアを疑似体験することがおすすめ!

キャンプ用品購入前に使い勝手が確認できるのもいいですし、なかなか出かけられない方にとっては気軽に雰囲気を満喫できるのがいいですね!

また子供には実際に自然を触れさせて学んでもらいたい方も多いのではないでしょうか?
そういった方にはサマースクールなどがお薦めです
サマースクール・サマーキャンプ トムソーヤクラブ

プロの方が指導しているので安心して自然体験させることが出来ます