おせちの季節がやってきました?

おせち料理は普通お正月に食べる物。
まだまだ暑い夏におせちの準備とは何事か!という方も多いでしょう。
もちろん皆さんの手元に届くであろうおせちは年末に作られ、配送されます。

では現在は何を作っているのかと言いますと、実はサンプルなのです。

おせち料理のサイクルは、

・まず5月頃から百貨店や料亭がサンプル制作業者に発注する
・7月から8月を目処に、サンプルを仕上げる。
・サンプルは9月頃から内覧会に使用し、お客さんに反応を見てもらう。
・秋頃から本格的に予約注文を受け付ける。
・年の暮れに発送。

となっており、実はどの業者も春の時点で来年のおせちのメニューは決まっているのです。

最盛期を迎えているサンプル業者さんは大変でしょう。
サンプルは全国の百貨店で使用される訳ですから、その分だけ作らないといけません。
しかもお客さんの食欲をそそるような美味しい物にしなければいけないので、技術力も求められる訳です。

「もうおせちを予約してるのかー。デパートは商売熱心だなー」
なんてお客さん同士で気楽に話している背景には、サンプル業者さんの隠れた苦労があったのですね。

ちなみに、サンプルと言えば蝋細工を思い出す方もおられますが、寒天で型どりして蝋を流し込む作り方はサンプルが登場したばかりの頃のお話。蝋で作ったサンプルは変色や劣化が激しい為、現在はシリコンや金型に合成樹脂を流し込み(セットして)制作したものが主流となっています。

ああいう日本料理的な、お重に食材を詰めるバイトって一度やってみたいですね。
飲食業界専門アルバイトの『グルメdeバイト』になら日本料理店の求人が沢山あるかも?