缶詰Barって知ってる?

背徳感のようなものでしょうか。
食べ物を容器に移さずそのままで食べると言う事をたまーにやってみたくなります。

お行儀は悪いですが、それも場所によりけり。
ほら、キャンプや山登りで缶詰を開けて食べると、美味しいしカッコいいでしょう?

街中でそれができるのが缶詰Barなのです。
都内では割と何件もあるので(私の好きだった缶’s Barはこの前閉店してしまいましたが)、特定のお店をオススメするよりも、最寄りの缶詰バーを探されるのが早いでしょう。

大抵は、お店に入ると飲食スペースとカウンターがあり、それとは別に缶詰コーナーがあります。
お客さんはこの缶詰コーナーから好きな缶詰を取って、カウンターでドリンクを頼みながら清算します。
この時、店員さんは少し温めてくれたり、薬味を入れてくれたりと、手を加えてから缶詰を提供してくれます。

私が特に好きなのが、伊藤食品が出している金の鯖缶です。
ゴールドの缶詰の中に、辛口の津軽味噌でじっくり煮込まれたサバがギッシリと入っております。
これを少し温めたものに、ネギをパラパラかければ、ご飯のおかずは他にいらないでしょう。
下戸なので断言こそできませんが、お酒のおつまみとしても最高のはず。

缶’s Barさんを偲ぶつもりで当時の思い出を書くと、ここでは缶詰を使った料理を提供してくれました。
中でも美味しかったのが、SPAM(ランチョンミート)を使ったホットサンド。
スパムとチーズの入ったホットサンドは、カロリーを気に指定はいけない美味しさがあったのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です