ウィリーウィンキー

ご当地の名物もB級グルメも旅の醍醐味としては素晴らしい事は間違いありません。
ただ旅好きな人間としては「現地の人にとってありきたりなお店」等も魅力的に感じる事があります。
関東にはないコンビニ、みたいなものとか。

四国だったらJR四国のグループ企業、パン屋さんのウィリーウィンキーがお気に入りです。

現地の方にとっては何の変哲もない、駅構内や周辺にあるパン屋さんでしょう。
扱っているパンの多くも大手チェーン店とはそれほど変わらないと思います。
(お店の名誉の為に言っておきますが、四国を意識したパンみたいなものもちゃんとありますよ!)

ただ旅人である私にとって、この普遍性がありがたかったりするのです。

例えば東京から四国へ夜行バスで向かったとします。
現地に到着するのが早朝なので、ちょっとお腹が空いていても空いているお店が無いのです。
そこでウィリーウィンキーの出番となります。
朝早くから空いており、焼きたてのパンがあり、さらにご当地パン屋さん。
これはかなり私の中でのポイントが高いのです。

また車を利用しない私は電車かバスで四国内を巡るわけですが、正直四国内の電車は本数が少なめです。今ある電車を逃したら次は1時間待ちという場面で、手軽に軽食を手に入れる為には駅の中にあるウィリーウィンキーが非常に便利なのです。

宇和島駅で松山行の特急を待つ間にウィリーウィンキー宇和島店(現在は休業中)に立ち寄ったときの話。
店内で女子高生が何も買わずにウロウロしていたので様子を見ていたら、なんとソーセージが挟んであるパンの焼きたてが登場。女子高生はこれを待っていた訳です。
せっかくなので私も購入。直前まで空腹のまま山の上にある宇和島城を歩き回っていた事もあって、焼きたてのソーセージパン(アラビキウィンナーロールだったかな?)は大変なご馳走でした。

そういえば、前回の広島呉と並んで、宇和島は先月の水害で多くの被害を受けた場所ですね。
四国は広島と同じかそれ以上にお世話になった土地なので、一刻も早い復旧をお祈りします。

*写真を撮るのを忘れていた為、画像はイメージです。