ストローいります?

すかいらーくグループが2020年までにプラスチック製ストローの使用を廃止するそうです。

手始めにガストから廃止し、徐々に対象店舗を増やすとか。
ガストと言えば現在は全1300店を超える有名ファミレスチェーン。
それだけに今までに相当数のストローが使われてきたのでしょう。
今後は基本ストローは無しか、必要な場合には自然分解する成分や食品由来のストローを用意するそうです。

前々から思っていた事なんですが、ストローって必須アイテムでしょうかね?
お子さんが飲みにくいとか、フタが必要とか、シェイクなんかはわかるんですよ。
でも基本普通のコップなら、なんとでもなるんですよね。
少なくとも落ち着いて飲めるファミレスなら、コップのままでも問題無いはずです。

同じ事を考えている人が多いのか、スターバックスは全店舗を対象に2020年までにプラスチック製ストロー廃止を検討してます。
また台湾ではさらに早く、2019年までに一部を廃止するそうです。
台湾名物のタピオカミルクティーは新しい飲み方が開発されるのでしょうか?

・・・・・・と思っていたら、すでにプラ製ストローの代わりが製品化されていました。

まずは紙。
自然に帰るのが早く、小さなお子さんも安心して使えるそうです。
日本では東京のメーカーが作っており、話題になったのかすでに在庫がないそうです。

次に竹。
アジア方面で作られていそうです。
東南アジアの果実で作ったジュースと組み合わせると、インスタ映えしそうですね。

ステンレスというのもあります。
使い捨てアイテムを嫌うヨーロッパで利用され始めているそうです。
熱伝導が良く、よく冷えたストローで飲むジュースは最高だとか。

面白いのはパスタでしょうか。
終わったら食べておしまい。
小麦粉アレルギーの方でなければ、環境にも空腹にも良さそうです。

こうなったら日本ならではのエコストローとか欲しいですね。
何度も使える漆製のストローとか作ったら、お土産で売れるかも?