夢のダブル仕様

マルちゃんの『赤いきつね』と『緑のたぬき』をストックしております。
最近はPB(プライベートブランド/スーパーやコンビニ独自のブランド)の安いカップ麺は沢山あるのですけど、やはりこの二種に落ち着きます。黒い豚カレーも美味いですね。

マルちゃん(東洋水産)がカップうどんを作ったのは1975年。
業界初、即席のカップきつねうどんが世に登場しました。
現在では『赤いきつね』と『緑のたぬき』共に、北海道、東日本、関西、西日本と4パターンのダシがあるそうで、旅先のお土産などになる事もあります。
通販サイトが充実するまでは、下手なお菓子なんかより、関西バージョンの赤いきつねが喜ばれた時代があったのです。
(今でもお土産として通用します)

このまま単体で食べてもモチロン美味しいこのコンビ。
でもちょっと物足りないなと思う事はありませんか?

狐と狸の相盛りが食べたいなとか。
具材をダブルで食べたいなとか。

言っても大人ですからね。
こちとらお金はあるんですよ。
ただ片方はダブル具材で、片方はかけそばかけうどんではどうも。
(きつねのダブルはコンビニで販売されているので問題はありません)

そこで登場するのがマルちゃんの『えび天ぷら』ですよ。
3枚入りで140円。かきあげ1枚あたり47円弱の計算です。
中に入っている天ぷら(=かき揚げ)は、まさしく緑のたぬきのアレで、アレがそれぞれ小袋で入っているのです。
天ぷらは独立しているので、カップ麺に使用する場合は先入れでも後のせでもOK。
ローソン100なら、108円で売っている場合もあります。

この乾燥天ぷら、価格以上に頑張ってくれました。
常温で保存できるので冷蔵庫のスペースは不要ですし、調理済みなのでいつでも使えます。
そうすると、ちょっと麺類を茹でたときのお供なんかにピッタリなんですよ。
温かい系の麺はそば、うどん、そうめんと、完璧な働きを見せてくれます。
鍋焼きうどんなんかには最高ですよ。

なお、ダブル緑のたぬきの乾燥につきましてですが。

一度食べればそれで満足する味だった事をご報告致します。

赤いきつねと違ってダブルが無い理由がわかりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です